ロールシャッハテストB

まさみの18禁オリジナルBL小説ブログ。

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
よしなごと

こんにちはまさみです。毎日暑いですね。皆様バテなどいませんか?私はバテバテです。
プロフィールでもチラッと触れたんですがブログのテンプレ変えてみました。スタイリッシュ!でも何名かの方から読みにくいとご指摘いただいたんでどうしようか考え中です。でもしばらくこれで行こうと思います。すいません……私の気分転換の一助としてお許しください。テンプレ変えるとスランプも治ったりするんですよ!
携帯でうちのサイト見ることないんですが携帯だとどう表示されるんでしょうかね、これは。機種によって幅とか違うんですかね。
FC2ブログのテンプレは種類豊富でプレビューで色々試してみるだけでも楽しいです。
小説用のテンプレもあるんですが、日付をいじってページリンクを整理してるために、それらのテンプレは殆ど使えない状態に……本当は小説用テンプレが一番見やすいんだろうけどなあ。シンプル・イズ・ザ・ベストです。
あ、ご報告ですが現在鱗ボーイズ様のノベコンに「ジェンガ」を投稿させていただいてます。
コメントや投票してくださったありがとうございます、すごく嬉しかったです!個人的にも愛着ある作品なので……あたたかい反応をいただけるといつかなんらかの形で続きを書きたい!って気になりますね。
ほんとは新作で挑戦したかったんですが時間的な事情で断念しました。面白い作品がたくさんあるので興味がある方はぜひ覗いてみてください。鱗ボーイズ様はテーマを決めて短編を募集する企画をなされてるサイト様です。
urokobanner.gif

雑談ですがテレビで放映した「サマーウォーズ」見ました。面白かったです。風景がキレイですね……青々と茂った畑や朝顔、迷路みたいに入り組んだ古風な武家屋敷と石垣に石段、庭。古きよき日本の田舎の情景がノスタルジーを醸します。カズマは可愛かったですね!中1と知ったときはびびりましたが(笑)小4くらいに見えた……華のような女の子声だからいっそう判断しにくいです。万助じいさんや真理子さんなど必ず一人は親戚にいるいるってキャラを配してるのも巧みですね。大家族の賑やかな雰囲気が伝わってきて楽しかったです。
でも一番かっこいいのは理一さんだ。


映画に感動した方はコミカライズもおすすめ。というか私は先にこちらで見たんですが(笑)
映画を忠実に辿りながら随所にオリジナルエピソードを盛り込んでます。大ばあちゃんと侘助の結びつきを語るエピソードがより強調されてるかんじ。でも杉基イクラさんはわざと貞本義行に似せた絵よりも「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」コミカライズしたときみたいな本来の作風のが魅力的だと思います。


兵科訓練を課され収容された少年達の孤島サバイバル群像劇、脅威迫り来る第三巻。
カズキたちを狙う外敵が登場しスリリングかつミステリアスな緊張感がいっそう高まります。
いつもへらへら笑ってる陽気なサイ、その友人で平凡なカズキ、優等生トウジ、パソコンマニアの無口なユウ。
それら個性のばらばらな少年達が、荒廃した孤島で冷凍睡眠より目覚め、自らの体に宿る超自然的な回復力と膂力に戸惑いつつも生き延びるため力を合わせる。 
やっぱり面白いです。この巻ではサイに依存するユウのある秘密が明かされたり、接触恐怖症であるサイのトラウマの元が回想で匂わされたり。というか……確かに登場キャラは圧倒的に少年が多いですがそっち方面に話が転がるとは思いませんでした……男が男に告白とか性的に食いたいとか(笑)キョウヤとサイの絡みなんであんなエロいんだ。額をぺろりとか。
一見明るく頼り甲斐のあるやんちゃ系少年が秘めた人間不信の根深さ、情緒不安定さは見ててはらはらします。二巻で退場したトウジですが、三巻でも存在感あるなあ……残された者たちが彼を精神的な支えにしてことあるごと消息を口にするせいでしょうか。それだけにトウジ不在による不安の水位が上昇し、分裂の前兆たる諍いの頻度が増えていく様子が重苦しい。
軍艦島みたいな廃墟の描写も好きです。廃墟と少年はやっぱり似合う組み合わせだ。
極限状況に放り出された少年達の友情や対立、共同体の成立を描くんですが、劣等感に嫉妬、人間関係の軋轢を孕んだ心理描写がシリアスな雰囲気を引き立てます。マイナーな作品ではありますが閉塞した人間関係を主軸に据えた孤島ものとしてはかなり完成度が高く、続きが気になります。


島原に名高き遊女霧里と、その弟・半次郎の半生と別れを描く三巻。
コミカライズというとどうしても当たり外れがあるんですがこれは素敵。スタイリッシュで華やかな絵柄が映えます。原作を知らず遊郭ものとして読んでも十分楽しめると思います。霧里の貧しい生い立ちから始まり弟の誕生、そして悲劇のはての別れまでを丁寧に描いて、男女の絆に似て非なる、近親相姦的な危うさを孕んだ姉弟の絆の強さを感じさせてくれます。そして菊由さん!原作読んで想像してたのは違うビジュアルにちょっとびっくりしましたが、お高い霧里に懐き倒す様子がすごく可愛くて大好きになりました。厚ぼったいおちょぼ口ととろんとしたタレ目がセクシーです。江戸に渡ってからも島原の遊女の見栄と意地を貫き、気位高く生きる霧里もかっこいい。一巻の主人公だった朝霧もでてきます。時系列では三巻が一巻の過去にあたるという憎い構成。
辛い幼少期を生き抜いて特別な絆で結ばれた霧里と半次郎が互いを思い合う姿、抱擁しあう情景が静かで美しいだけに、離れ離れにならなければならない切なさと哀しみが後を引きます。



聾唖の少女と友人であり姉妹である二人の女性の過酷な人生を描いた小説。友情、親子愛、母性愛の深さが胸を打ちます。文章もとてもいい、型に嵌まらない個性がありながらとても表現豊かで詩情に満ちてる。描写がすごくキレイで情景が瞼の裏に浮かぶんだよなあ……。と思ったら訳がチャイルド44とおなじ人でした。逆境を克服せんと意志を貫くヒロインの脆くも強い姿が印象的。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

関連記事 [雑記]
雑記 | コメント(-) | 20020925220643 | 編集
ブログ内検索
     © 2017 ロールシャッハテストB  Designed by 意地天