ロールシャッハテストB

まさみの18禁オリジナルBL小説ブログ。

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
ひらひらひゅ~ん(西 炯子)


健一が少女の髪に挿したかったその美しい花は、なぜか彼女の双子の兄にお似合いだった。
宝代は少女のことをもっともっと知りたくて、彼女自身の日記を自分で毎月書いていた(変態)。
ひねくれ者の智和は仲良くしたい部長の"ホモ疑惑"を一生懸命でちあげる。好きすぎて空回り、恥ずかしすぎて自爆。
不器用な弓道部ライフが今、開幕!!


西桐子が描く眼鏡男子が大好きな事に気付きました。
すいません大好きなんてレベルじゃありません。異様に萌えます。リビドーが炸裂します。
弱小でも強豪でもないなんとも中途半端な開開高校弓道部のゆるゆるぐだぐだな部活風景と、妄想爆裂で空回りしがちなかっこ悪くも情けない高校生男子のラブコメ……
が一巻の内容だったんですが、巻を重ねるごとにスポ根ノリというか、部員それぞれが部活に賭ける意気込みが増してくるしょっぱい涙あり甘酸っぱい恋あり、二ア(?)ホモ胸きゅん友情あり~の青春群像劇。
すごく面白かった!
でてくるキャラがみんなそれぞれ個性的で面白い。
そしてまさかの眼鏡率の高さに私大喜び、しかもみんなタイプがちがっておなかいっぱい。
恵まれた容姿を自虐的な性格と妄想の激しさで台無しにする宝代(左端)馬鹿でお調子者な智和(左から二番目)小姑のように口うるさい弓道オタク堀口(右から二番目)、他にも幼馴染との関係に悩む床屋の息子・和実(最初女の子かと思いました)など眼鏡てんこもりおかわりし放題らりほー!

で、話も面白いんです。
萌えるし燃えるし熱い。

一巻はレギュラーメンバーの恋模様中心。
珍妙な名字に生まれついたせいで子供の頃から持ち物に「食べ」だの「ヤリ」だの落書きされまくってひねくれてしまった宝代(ほうだい)は片想いをこじらせて「その子になりきって日記を書く」という非常に気持ち悪い趣味を隠し持ち、のんびり笹原は男女の双子のどちらが本命なのかと自分の恋の方向性に迷子になり、小姑のように口うるさく女子に煙たがられる堀口は高嶺の花に何故か好かれて困惑し……
と、ばかすぎて憎めない男の子たちが恋に部活にいっぱいいっぱい、じゃなくて一生懸命な姿がすごくイイ。
しかし二巻以降路線が転調、ストーリーがより明確になりスポ根ものとしての側面を強く打ち出す。
旅芸人一座で女形を務める転校生と弓道を介し友情を育む姿はなんともじれったく爽やか。最初はお互いなんだこいつと思ってたのに次第に近付いていく距離とか王道直球ど真ん中を踏まえてたまりません。
家業故に一箇所に留まれず、常に風のように去り行くさだめの友の為に形あるものを残したいと大会に挑む笹原たちの姿に胸が熱くなる。昨今は剣道小説や漫画が流行りですが、弓道というこれまでフィクションの題材にあまりされてこなかった競技に焦点をあて、しかもそこに恋や友情や師弟愛を巧みに絡ませ極上の青春群像物に仕上げる構成が憎い!
それまで不真面目といわぬまでも部活に全力投球せず、たのしけりゃいいやとゆる~いノリでのんべんだらり過ごしてた彼らが、勝利の重みを知って襟を正し弓引く姿が痺れるほどかっこよくて惚れ直す。
「弓道」という競技の要素が強くでてきて、そのぶん一巻でメインだった女子の影が薄くなっちゃったのが残念ではあるんですが、これはこれで凄く面白い。ボーイズラブじゃないんですがその手の描写が好きならニヤケが止まらないエピソードが沢山あります!でもあくまで友情の域をでてないのが美味しいんですよ!!
実は全三巻だとおもってたんで読み終わったあとにシリーズ以下続刊と知り小躍りしました!

一緒に読みたい本

こっちも面白かった。「あいつが一番大切な人になったらどうしよう」……たまんねー。

関連記事 [読んだ本感想]
読んだ本感想 | コメント(0) | 20021109233409 | 編集
ブログ内検索
     © 2017 ロールシャッハテストB  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。