ロールシャッハテストB

まさみの18禁オリジナルBL小説ブログ。

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
カップルに50の質問(コガネバチ編)

1 お名前と年齢を教えて下さい。
「小金井リュウぴちぴちのはたちでーっす。いえーい」
「は、八王子東といいます。恥ずかしながら二十二歳です」

2 相手の名前と年齢は?
「八王子東ちゃん俺よりふたっつ上の二十二歳。童顔で可愛い」
「やめてくださいよどさまぎに……小金井リュウさん、二十歳です。初対面じゃてっきり同い年かその上かと勘違いして恥かきました」
「俺ってばそんなに大人の色気垂れ流し?照れるぜ」
「はいはい」 

3 性別は?
「野郎」
「男です」

4 年の差や性別気にする?
「そりゃ気にしますよ、ぼくもリュウさんも男だしやっぱりどうしたって人目っていうか世間の目気にしちゃうじゃないですか。それにぼくのほうが年上だし……いや、見た目はあんま変わんないんですけど、やっぱ年上ならもうちょっとそれらしい風格とか威厳かもさなきゃまずいんじゃないかって最近思うんです」
「むりしなくていーよ、東ちゃんはそのままで」
「ほらすぐそうやってひっつく!やめてくださいよ人前で!」

5 貴方の性格は?
「引っ込み思案、内気、自信がない、ネクラ、オタク、弱虫泣き虫いじけ虫……自分で言ってて落ち込んできました……」
「どんまい東ちゃん、うじむしじゃないだけマシ」
「それでフォローしてるつもりですか」
「俺はねー、人からはよくおおらかとかなんも悩み事なさそうとか言われる」
「小金井さんの脳はきっとスライムでできてるんですよ」

6 相手の性格は?
「上を参考にしてください。ばかです」
「ひでーよ東ちゃん……何?最近毒舌になった?扱いひどくね?」
「倦怠期です。諦めてください」

7 好きになったきっかけを教えて下さい。
「秋葉原にでかけたときたまたま通りかかった小金井さんがオタク狩りから助けてくれて……その時ほんとはヤクザから逃げてたんですけど。それで助けてやったんだから泊まらせてって免許証取り上げられて」
「恐喝から始まる運命の恋」
「ナレーションいらないですから。って、それはぼくらの出会いできっかけじゃないか。きっかけ……すいません、恥ずかしくて言えません」

8 告白はどちらから?そのセリフをどうぞ。
「沢山したよね。どれかひとつに絞る?やっぱ決め手は小金井リュウは八王子東をあい」
「あー!あー!わー!ぼくは死にません!」

9 告白した(された)時の心境は?
「蒸発したいほど恥ずかしかった……道のど真ん中でなに考えてんですか、正気疑います」
「ホントは嬉しかったくせに」 
「嬉しくないです。迷惑です」
「赤くなってる。かーわーいいー」
「女子高生みたく語尾上げないでください、不愉快です」

10相手に何て呼ばれたい?
「リュウ」
「呼び捨てですか?……ぼくは普通にちゃんづけで……」
「東」
「な、なんですか」
「呼んでみたかっただけ」
「嬉しくないですよ、別に……」 
 
11相手を動物に例えたら何?
「大型犬ぽいかな……?ゴールデンレトリバーとか色素薄い系の人懐こい犬」
「バンビ。いっつもぶるぶる震えてる」

13 相手へのプレゼントは何をあげましたか?まだの人は何をあげる?
「東ちゃんには服買ったげたよね、俺がコーディネートしたやつ」
「小金井さんにはぼくがこないだ作ったエヴァ初号機あげます。大事にしてください」
「わー枕元においとくと魔よけになりそう」

14 プレゼントを貰うとしたら何が欲しいですか?
「けいおんの澪等身大ポスター」
「東ちゃんの笑顔」

15 相手に対して不満が有りますか?どんな不満?
「いい加減なところを直して欲しいです。トイレ入るときはちゃんと鍵かけてください、間違って開けて毎度びっくりします」
「いいじゃん一緒に住んでるんだからさ」
「親しき仲にも礼儀ありです、だいたい小金井さんはルーズすぎますよそういうとこ、ちゃんとけじつめつけてください」
「東ちゃんに不満?とくにねーけど……あ、フィギュアゲーム漫画チャットばっかしじゃなくもっと構って欲しいかも」
「構ってあげてるじゃないですか」
「あれじゃ足りねーよ」
「~っ、こっちだって色々譲歩してるのに!小金井さんが構って構ってうるさいから仕方なく膝に抱っこさせてるぼくの立場ないじゃないですか!」
「東ちゃんを後ろからだっこしてると落ち着くんだよね。あったかくて柔らかくて、こう、ちょうど腕にすっぽり入るサイズっての?肩や頭に顎のせて遊んだり」
「チャット中はよしてください、すごく邪魔です……」
「チャット中じゃなけりゃいいんだ?じゃ布団の中で」
「あー!わー!あー!」

16 一緒に住みたいと思う?
「ってか住んでるし」
「不可抗力で……」

17 貴方の癖って何?
「癖なんかあったっけ?わかんね」
「イライラすると爪を噛む、緊張すると眼鏡をいじくりまわす、人と目があうと俯く、あとは……思い出せません。すいません」

18 相手の癖って何?
「自分が悪くねーのにすぐ謝る」
「人肌好き。やたらひっついてきてすごくうざいです。だいたいスキンシップ過剰なんですよ小金井さんは、こないだなんてエヴァ初号機ぬってるときにいきなりハグしてきたから手が滑って赤く染まっちゃったんですよ!」
「使徒の返り血だよきっと」

19 相手にされて嬉しい事は?
「料理作って待っててくれるのはありがたいですね。経験値上げも」
「ただいまのキスとおかえりなさいのキスと猫耳プレイ」
「しませんよ?」

20 貴方のすることで相手が怒ることは何ですか?
「自分を粗末にしたりなにも言わず勝手にいなくなると怒る……かな」
「ぼくなんかとか、死んでもいいとか、そういう自分を卑下する言葉を使うと怒られちゃいます。なるべく使わないよう気をつけてるんだけどつい癖で口にしちゃうんですよね……」
「ぼくなんか一回につきデコピン一回ね」
「ひいッ」

21 二人はどこまでの関係?
「………どこまででって……」
「夫婦だよね、すでに。一緒に風呂入ってるし、ふがっ」
「沈め!暗黒面に沈め!」

22 初デートはどこへ?
「デートらしいデートっていやこないだふたりで秋葉原行ったかなー。東ちゃんが新発売のエロゲと声優が唄うアニソンCD欲しいって言って……東ちゃんすっげえご機嫌だったね、電車の中じゃあ緊張してたけど秋葉原に着くなり素にもどって弾けまくって……そういや18禁の同人誌も紙袋一杯たんまり買い込んで」
「違う!!あっ、あれはまりろんちゃんに頼まれたんですよ後で郵送してほしいってぼくが読むんじゃないですよ滅相もないっ」

23 その時の二人の雰囲気は?
「いいかんじだったよねー?」
「……まあ、そういうことにしときましょう」

24 その時どこまで進んだ?
「ずっと手えつないでた」
「……メイド喫茶の机の下で足絡めてくるのやめてくださいよ……絶対誤解された……メイドさんこっち見てひそひそ言ってたし……」
「誤解じゃなくね?」
「もうあのお店行けません。小金井さんのせいです」
「ごめん。俺、メイドになろうか」
「既に家政夫みたいなもんじゃないですか」

25 行きたいデートコースを教えて下さい。
「えーと……こないだは付き合ってもらったから今度は小金井さんが行きたいとこでいいですよ」
「マジ!?マジで!?俺ずっと東ちゃんと行きたいと思ってたとこあんだよね、うわー超たのしみ!まず渋谷行ってマルキューで買い物して東ちゃんコーディネートして洋楽CD見て、それから映画行って……あ、そだ、クロムハーツの新作ドッグプレート出てるからチェックしねえと。近くに美味い中華料理の店あっからそこで北京ダックと酢豚と飲茶と杏仁豆腐食って~……東ちゃん渋谷はじめてだよね?ハチ公の前で記念写真とろうよ、ハチはさんでふたりでハイチーズ」
「ごめんなさい、想像しただけで胃が……あいてて」

26 付き合って良かったと思う時は?
「美味しいご飯作ってもらった時ですね」
「たくさんありすぎて数え切れねー」

27 別れたいと思った事ある?
「今んとこなし」
「……夜中はひとりもっふりエロゲに耽りたいのに小金井さんが無理矢理ねだってくるから集中してゲームできない……」
「東ちゃん割と俺の扱い酷いよね」

28 相手のことをどれくらい好きですか?
「一生専属のヒモでいたいくらいには」
「……ザクの次くらいには……」

29 では、愛してる?
「もち」
「………………」
「あいしてますかー?リピートアフターミー」
「あい……きゃんとすぴーくいんぐりっしゅ」

30 言われると弱い相手の一言は?
「………東ちゃんて笑うと可愛いねとか……牛肉買おうよとか……」
「ふあっ、や、首弱いんだからあんまりさわんないで」
「言われると弱い一言じゃなくてぼくの弱いとこ暴露してどうする気ですか、むしろどうしたいんですか!?」

31 浮気を許せる?
「アニメキャラ限定で」
「浮気……小金井さんが浮気……それはいやだけどでも仕方ないかな、ぼくなんかこんなうじうじじめじめネクラで後ろ向きな性格で愛想尽かされても自業自得だし世の中にはもっと素敵な女の人が沢山いてそっちのほうがずっと小金井さんと釣りあうし、そもそもぼくと小金井さんじゃザクとエクシアくらいスペックに差があるから一緒に歩くのも気後れするし、一緒にいてくれるだけでもったいないような人だから浮気も仕方ないかなって……痛ッ!?」
「ぼくなんかって言ったからデコピン一回。俺は東ちゃんだから一緒にいんの。浮気なんてザクに誓ってしません」

32 浮気しそうな時はどんな時?
「東ちゃんがゲームばっかで構ってくんないと浮気しちゃうかもなー?」
「その手はくいませんよ」

33 相手がデートに1時間遅れた! どうする?
「一時間くらいどうってことねーし待つよ。ケータイしてたらあっというまじゃん」
「DSポータブルで時間潰します」 

34 相手の身体の一部で一番好きなのは何処ですか?
「全部って言いたいとこだけどあえてしぼるなら目かな。うるうるしててすげえ保護欲くすぐる」
「……手かな……大きくて、さわってもらうと安心する」

35 相手の色っぽい仕種ってどんなの?
「眼鏡はずすと不安げにきょろきょろして俯くんだよね。その様子が、こう、くる。いじめたくなる」
「いじめないでください。小金井さんの色っぽい仕草……ええと……髪かきあげるとき、よそ見しながら頬杖つくとき、足の爪を切るとき無意識に目を細めるのも……」
「よく見てるね東ちゃん……」
「い、一緒に住んでるんだから当然です……」

36 二人でいてドキっとするのはどんな時?
「いつも。いつでも」
「不意打ちで抱きつかれるとドキッとします」

37 相手を泣かせた事ある?どんな時?
「黙っていなくなってごめんなさい」
「もうしないでください」

38 何をしている時が一番幸せ?
「ゲーム漫画チャットフィギュア作りなど非生産的なサブカル活動に励んでる時が一番人生充実してるっていうか幸せを感じます」
「そんな東ちゃんを頬杖ついて横で見守ってる時『あー俺いま幸せだなー』って思う」

39 喧嘩をしたことが有りますか?
「こないだはなんだっけ、もやしの値段で喧嘩したよね」
「一番新しいのは小金井さんがうっかりセーブし忘れてぼくがやったドラクエ9のデータ消しちゃったのが原因じゃないですか!」 

40 どうやって仲直りするの?
「大抵俺から謝る。……それか布団の中で」
「もういいから、あんた黙れ」
「押入れや便所や風呂場にひきこもったらノックして入っていいか確認とって、そっと入っていって、拒絶されないかな?どうかな?って空気読んでから後ろからぎゅって抱きしめんの。そンで仲直り」
「言うなよ……もー」

41 生まれ変わっても恋人になりたい?
「あと十回転生しても添い遂げたいな」
「ぼくはせいぜい三回でいいです」 

42 愛しいと感じるのはどんな時?
「一緒に歩く時……はぐれないようにって俺の服の端掴んでくるんだよね。可愛い」
「一緒に歩く時、さりげなく歩調を合わせてくれたり、待っててくれたり……そういう気遣いには感謝してるし、やっぱすごく嬉しいです」

43 愛されていると感じるのはどんな時?
「………朝起きたら小金井さんが隣にいて……ぼくの顔じっと見てたり、腕枕してたり……バイト帰りに都まんじゅうお土産に買ってきてくれたり、エヴァのチケット予約して買ってきてくれたり、そういうのはこんなぼくでも……愛されてるって自信もっていいのかなって、ちょっと思います」
「俺のために車で突っ込んできてくれた時は愛を実感したね!」

44 不安になるのはどんな時?
「小金井さんは色々無茶やるから心配です」
「反省します」

45 貴方の愛の表現方法はどんなの?
「ハグ・キス・セックス、スキンシップ」
「死ねばいいのに」

46 二人の間に隠し事はある?
「ねーよ。あ、でも前付き合ってた女の事は微妙に秘密か」
「とりあえず二重仕掛け本棚の後ろに入ってる18禁エロリ同人誌の存在は気付かれてないはず……」

47 貴方のコンプレックスは何?
「全部です」
「言い切るとは男らしいね」
「少しはマシになったんですけど……」
「俺のおかげ?」
「はいはい」

48 ライバルが現れたらどうする?
「東ちゃんが好きって気持ちで他のヤツに敗けるわけねーし、実力で追っ払うだけ」
「……おっかないけど……ほんとはぼくなんか身を引いた方がいいのかもしれないけど……ごめんなさい、それでもやっぱりこんなどうしようもない小金井さんが大好きなんです」

49 独占欲は強い?どんな時に焼きもち妬く?
「またお兄さんからメール?」
「またララさんからメールですか?」

50 貴方にとって愛って何?
「東ちゃんの事!」
「意味わかりませんて……」

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

小金井は八王子に恋してる | コメント(-) | 20010206172201 | 編集
ブログ内検索
     © 2017 ロールシャッハテストB  Designed by 意地天