ロールシャッハテストB

まさみの18禁オリジナルBL小説ブログ。

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
青年のための読書クラブ(桜庭一樹×タカハシマコ)



タカハシマコが桜庭一樹作品を漫画化すると聞いてワクワクがとまらなかった。
桜庭一樹といえば少女の危うく儚い心理描写に定評あるラノベ出身文芸作家。
タカハシマコといえばふわふわロリロリの砂糖菓子のように危うく儚い少女の心理と性描写で名の売れた漫画家。
共通点はどっちも可愛くて痛いってこと。
この二人がタッグを組んだら最強です。
桜庭一樹はタカハシマコが最近出した百合漫画の傑作「乙女ケーキ」に帯で絶賛文を寄せてた縁があるのですが、その頃から「ああ……タカハシマコが桜庭一樹を漫画化してくれたら最高なのにな……」とひそかに妄想してました。
だからその妄想が現実となり「青年のための読書クラブ」の漫画化を知った時は万歳三唱でした。バンザーイ!×3。
タカハシマコは以前からロリな絵柄がとても好きで快楽天を読んだり単行本を買ったりしてたんですが、彼女の作品は幼い性を扱いながら抉るような心理描写が瑞々しく、榎本ナリコ「センチメントの季節」にも通じる思春期の痛さがありました。桜庭一樹の作風も共通しますね。「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」と「ニコ」はかなり心性近いとおもいます、私の主観ですが。
で、本作「青年のための読書クラブ」も期待にたがわぬ出来。
原作は既読だったんですが、タカハシマコが描くとこうなるのか!という新鮮な驚きが随所にちりばめられていました。
女の子可愛い……紅子かっこいい……一巻には「烏丸紅子恋愛事件」と「奇妙な旅人」が収録されてるんですが、原作でも衝撃的だった「しーね しーね」コールが……見開きだといっそうインパクトあるなあ……紅子の脱力した顔が笑いを誘います。
この後も連載続くようなので二巻発売が楽しみです!
ちょっと話がそれますが、女子高ものなら他に皆川博子の「倒立する塔の殺人」恩田陸「蛇行する川のほとり」三浦しおん「秘密の花園」などがおすすめです。読み比べてみると楽しいです。
「青年のための~」は製鉄業で栄えた地方の旧家の歴史を三代に渡って語る「赤朽葉家の伝説」のセルフオマージュとも解釈できる構成で、とある名門女子高の歴史を往年の文芸部員が語り継ぐ形で進むのですが、当時の在校生が意外な形で現代に現れたりと、なかなか粋な演出がほどこされてます。女の子の一人称が全部「僕」なのも独特な雰囲気を生み出します。タカハシマコさんはクールでボーイッシュな女の子を描かせてもいい。
百合に極めて近い女の子同士の甘く切ない友情、S、擬似姉妹愛が好きな方はぜひ!

あ、そういえば今表紙見直して気付いたんですが、ふりふりリボン縦ロールなお嬢様軍団の中にあって「辺境の住人」を自称する学園の異端児、読書クラブの面々だけリボン付けてない……憎いなあ演出……。

関連記事 [読んだ本感想]
読んだ本感想 | コメント(-) | 20020930105928 | 編集
ブログ内検索
     © 2017 ロールシャッハテストB  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。