ロールシャッハテストB

まさみの18禁オリジナルBL小説ブログ。

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
幽式(一肇)



 「姉は血を吐く、妹は火吐く、可愛いトミノは魂を吐く。
 ひとり地獄に落ち逝くトミノ、地獄くらやみ花も無きー」
 それは、思わず聞き入ってしまうような美しい声でした、マル。
 ―なんて、聞き惚れている場合じゃない。
 馬鹿かおまえ、とおれは本を取り上げて神野江の頭を叩いてやった。
 ポコン、といい音が教室中に響き渡った。


いるのかいないのか誰も定義できない幽かな存在―亡霊。
皇鳴学園高等学校一年、渡崎トキオはヘタレなうえに霊体験皆無のオカルトマニア。
そんな彼の呑気な日常は、奇人にして美貌の転校生・神野江ユイと出逢ったことから揺らぎ始める。
オカルトに取り憑かれた電波美少女・神野江ユイの不可思議な存在感が際立つオカルティック・ボーイ・ミーツ・ガール。

身も蓋もないこといっちゃえばオカルト版GОТH。
ヒロインが黒髪黒服の寡黙で電波な暗黒面に魅せられた美少女って符号も共通です。ラノベで分類するとSINОや嘘つきみーくん、マージナルと同じ系統になるのかな……暗黒青春ライトノベルってジャンルがあるならそれに分類したい。
しかし「幽式」の主人公トキオはGОТHの「僕」と違ってへタレでまともな至って普通なイマドキ男子高校生なのでその点は安心されたし。
彼岸と此岸のはざまに立つヒロインの電波な言動の数々にふりまわさつつもいざってときは漢を見せてくれます。
深夜の霊園に嬉々として録音テープを仕掛けにいっちゃう神野江に最初は引いてた主人公のトキオだけど、ふたりで冒険をかさねるうち徐徐に彼女に惹かれていく……という表現は正しくないか……同類の親近感から始まって異端を愛する同志として共鳴してく過程、友情以上恋愛未満の微妙な距離感がなかなかにやけさせる。
幼い頃目撃した赤い部屋の謎の解明はかなりぞっとする。
月並みだけど幽霊より狂った人間のほうがよっぽど怖いんだよなあ……この話の特徴として、謎の一部が常に保留されるもやもや消化不良感があげられる。怪談に一応合理的な説明が付いても謎のすべてがすっぱりさっぱり解明されず、何故そうなったのか、何故彼ら彼女が怪奇の暗黒にのめりこんでいったのかの肝心の動機が曖昧なままなのでそこはかとない不気味さがあとをひく。
赤い部屋の話も怖かったけど次の忌み語のエピソードも怖い。
西条八十の詩にそんな意味あるなんて知らんかった……読むと死期速めるって……知らずに桜庭一樹の読書日記の引用で読んじゃったじゃんか……忌み語はやっぱり忌み子とかけてるのかな?と考察し甲斐があります。

「赤い部屋」と「忌み語ノート」の話は前座で、中盤からトキオの父親が絡む話になり、一気にシリアスでへヴィな様相を呈す。
どんでん返しがあるってのは前情報でしってたんである程度予想と覚悟はしてたんですが、例の屋上のシーンで親友の大森からトキオが衝撃の真実を告げられるシーンは、やっぱ緊迫感ありましたね……それに前後する一連のシーンも静と動の緩急絶妙にスリルを高めます。 
六所塚の鉄塔を背にした夕闇での初遭遇、屋上での初接近で神野江とイヤホン半分こするシーンなど印象的な場面は色々ありますが、個人的に一番好きなのは神野江の校舎大暴走。それまでの鬱屈を全解放するように跳んで跳ね跳んで跳ね蹴りをくれ台風のように大暴走する神野江を追うトキオ、このシーンがほんと躍動的で手に汗握る。読んでるほうまで文章のリズムにのって気持ちよくなる。
オカルトを扱った話だけにグロいシーンも多々あるのですが、こういう青春全開なエピソードが盛り込まれてるせいで後味はさわやか。
終盤、あちら側に行ってしまいそうになった神野江にトキオが目一杯手をさしのべるシーンの美しさは胸に迫ります。

表紙・挿絵はネットで有名なレーターのわかばさん。
萌え主流全盛のラノベ界にあっては異彩を放つ画風ですが、白と黒の対比が清廉な独特の絵は、書店でぱっと目をひくこと間違いなし。  
カラー口絵の空間の使い方とかほんとうまい……吹く風を感じられる絵というか……トキオと神野江の隔絶した距離と微妙な関係を的確に表現していて感動しました。
賛否両論あるそうですが私は断然支持です!幽式はわかばさんの絵で正解だった!
「おれたちの霊体験はこれからだ!」みたいな終わり方をしてるのでもし続編でるなら読んでみたいです。
ヤクザにしか見えない熱血教師・松崎やトキオの親友にして美少女マニアの大森などせっかくいいキャラ出したんだから次は彼らに焦点をあてなきゃだめです!

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

関連記事 [読んだ本感想]
読んだ本感想 | コメント(-) | 20020928000507 | 編集
ブログ内検索
     © 2017 ロールシャッハテストB  Designed by 意地天