ロールシャッハテストB

まさみの18禁オリジナルBL小説ブログ。

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
拍手コメント返信

>どの作品も面白かったです!特に「Devilish」のディアボロがお気に入りです。でも私には彼が受けっ子に見えて仕方がないのです(笑)。これからも頑張って下さいませ!
がんばります!ディアボロはリバです。私のキャラみんなリバ。攻めと受けが噛みあう色気をめざします。

>ディアボロ超可愛いです!!更新待ってます!彼の細腰と泣き顔が見たいー^-^
細腰はともかく泣き顔は想像できない。

>ロンロンのメイドが見たーい♪(チャチャン)見たーい♪(チャチャン)見たーい♪(チャチャン)☆ いゃ、素で見たいッス; レイジ、がんばってロンに着せるんだ!!!
リズムにのるぜ。

>豹輔は大抵のことは飄々とした態度でかわしていけそうですが、浅井は少しからかわれただけでも元気に反応しそうでイイです。そして貞子の声が中尾彬、に吹きました。し…渋すぎる!(笑)
豹輔はからかっても楽しくなさそうだ。浅井はめちゃくちゃ楽しそうだ。

>地の下のポニョポニョのばあさん登場!そして驚愕の事態に度肝を抜かれました
ローソンで売り出し中のポニョぬいぐるみのぐろさに百万人がびびる。

>Devilish番外編・・・!ディアボロは男でも女でも、結構年上が趣味ですか。
単に無節操なだけです。来るもの拒まず。

>~しとる、という表現は兵庫弁で大阪人はあまり使わないと思います。
関西近在から突っ込み入りましたよ作者!!

>ロンきゃわゆ過ぎ……グハッってことでレイジに提案☆今度三人で川の字ってどぅ!?もち真ん中ゎロンで( ̄ー+ ̄)ニヤリ
親子ですね。

>暴君様がビキニパンツじゃなかった…
なにを想像してるんですか君は。

>浅井さんはダメ男だけど女の人、もしくはニューハーフの方にモテそう。放っておけないみたいな感じで。     
おかまは世話焼きが多い。

>私の中で貞子のイメージが固まりました。最近BLEACHに出てきたシャルロッテ(弓親と戦闘中のゴツい人です)がピッタリなのでは…と思うんですけど、どうでしょう(笑)伊坂!神ですよね…vV 重力ピエロ映画見たいです。 
重力ピエロ映画化するんだ……実は伊坂さんあんまり読んでないんですが一番好きなのは「グラスホッパー」です。蝉と岩西萌えすぎ。

>ヨンイル結婚してぇぇぇ!!!!
「ほなら手塚治虫全集が入るスペースあけといてえな」

>浅井と豹輔は、まだお互いに対して恋愛感情は芽生えてないんでしょうか?そろそろキスぐらいしてほしいなぁ☆
150話先には……。

>豹輔×浅井なんだと思ってひやひやしてましたが逆だと知り安心しました  世斗×豹輔の絡みは冗談でもないんですか?! 期待しても無駄なんですかー?! (ToT)
冗談ならあるかも。寸止め。

>独断と偏見のイメージソング  直ちゃん・・・『亡國覚醒カタルシス』 ALI PROJECT
ALI PROJECTは好きだけど亡国覚醒カタルシスはどうだろ……。

>こんばんは!いつも素晴らしい小説をありがとうございます。少年プリズンも心斎橋ストラットもDevilishも大好きです
ありがとうございます!

>豹輔くんが喘ぐところを想像して夜も眠れません…!まさみさま、どうか豹輔くんを喘がせて下さいー!
「あーんあーん。これでええか?ほな千円」

>レイジとロンの馴れ初めをレイジ視点でみたいですー。メイファちゃんやレイジパパと再会したらどんな会話が繰り広げられるのか気になる所です。
レイジの心の中には分け入りたくないなあ……。

>レイロンのおかげで、10年に一度の BLスイッチONです。仕事中のPC処理待ち時間は脳内レイロンタイム。(幸)←働け◆続き楽しみにしてます☆
オリンピックよりまれな周期ですね。十年前は何に萌えたんでしょうか。

>4日間かけてやっと十二章まで読みました!!
お疲れ様です。

>貞子お姉様とお呼びしてもよろしいでしょうか??
「義妹より夫がほしいんだけどね~」

>浅井さんって……(痛い人を見る目でじと、っと)馬と台とボートと牌に目が眩む度、豹輔にがっつり犯られてしまえば改心するんじゃないですか?ビデオで売ると脅すとかどうですか。…いっそ自分がしてやりたいでs(本気)
むしろ世斗が……嘘です冗談です。

>浅井さんは受けてくれないのかなぁと常々考えてニヤニヤ三昧です。同志様がいるようなのでさりげにプッシュいたします。熱血漢大好きです。ストラット応援しております。
男前受けいいですよね。浅井が男前かはさておき。

>世斗君報われないんですか?うわーでも恋愛は片思いの時期が一番ロマンチックとも言いますからね、ドンマイです。でもちゅーぐらい報われて欲しいような……
倦怠期に入ると色々幻滅しますよね。

>東京プリズン、すごく面白かったです!!
ありがとうございます。皆さん素でタイトル間違えますが一応少年プリズンなんです。どっちでもいいですが。

>はわわ、誤字ではないのですね><すいません勝手に誤解して。プリズンもデビも心斎橋もどの作品も大好きですwあ、でも一番はプリズンかな?
ありがとうございます。

>番外編を読んでサムライがムッツリなのを確信しました。ストイックなぶんその反動が激しいのでしょうか!
禁欲的な人ほど抑圧した性衝動のぶり返しが激しい。 

>休暇を利用して一気に読ませていただきました。すっかりプリズンに取り憑かれて日々直たち4人組が頭の中に出現します。
爛れてますね。

>剣菱さんは豹輔のことどう思っているのですか。
そのうちあきらかになります。

>体を捨てたビバリーもといB-Hurry、なんとなくですが色んな意味でビバリーはもう戻れない気がしてしまいました。
電脳世界の藻屑と消える。

>ビバリーが二次元(?)の人に!?まさか体を捨ててしまうとはびっくり仰天です。後に残っているのは死体とはちょっと違うんですよねー……?
仮死……というか脳死状態ですね。保存状態がよければ戻れる。

>ビバリーが二次元な住人ですね!
SFのお約束。

>ビバリー!あんた人間じゃないよ!
「アブソルートリー」

> 「香水」って本、昨年あたりにハリウッドで映画化されてもうDVD出てますよ!たしか邦題はパヒュームでした!映像すごかったですが見ないほうがいいです。本読まれたなら幻滅されると思います。
幻滅しますかね……?でも映像すごかったんなら気になるなあ……オチは同じだったんだろうか。

>次回あたり、マイケルとレイジ再会でしょうか?早くマリアにも会いたい!
「アイラブユーダディー!」「ミートゥー!」

>私、レイジ視点は嫌です!レイジが語り手で心の中が分かっちゃったら想像の余地なくなりますし、なんと言うか、凄さがなくなります。レイジの心のなかは誰にもわからないってのが良いんです。ごめんなさい!!生意気言って。レイジ大好きなんです!!
レイジが嫌いとかいうんじゃなくて単純にすごく書きにくいんですよ。以前一回試したことあるんですが
「こんなんレイジじゃないー!!」になってしまって……だからレイジ一人称は読者様の心の中でのみお楽しみください。

>メフィストにはディアボロに歪んだ執着をしてほしいです!!ファウストに対するくらいっ!!
ある意味歪んだ執着してますね。ライバルとして。めざせ3P!

>ビバリーの脱衣シーンに驚愕(笑)本気で羨ましそう&悔しそうなヨンヨンに笑いました
脱衣というか、脱皮。

>ヨンイル、マイケルっちゅーおっさんじゃなくてレイジのダディーだってことをちゃんとロンに教えてあげて!そしてロンはビバリーの抜け殻を踏みつけるなりなんなりしちゃってもいいと思います。
大事な事を言い忘れる。

>ホセ、ちょっとでもロンやヨンイルらに情が移らなかったのでしょうか?…私はペア戦でロンを応援してた時のホセも真の姿だと信じています。
ナノ単位で移ったかもしれません。

>直ちゃん大好き!直ちゃんには幸せになって欲しいけど、サムライに取られるのはなんだか嫌です。まだ途中までしか読んでませんが何故ヨンイルに取られないのかが不思議です。
とられるってそんな基本カプなのに。

>バヒュームを視聴なさるときは、テレビからできるだけ離れて片方の耳を塞ぐ準備をしておいた方が無難です、初めだけ。効果音がかなりグロテスクです,精神不安定と体調不良と虫嫌いが重なった場合,吐きます,いや吐き気がします.その反面,香水を作る際は,美麗ともいえるような不可思議な気持ちが沸いてでたような?気にさせられました,女性としてはかなり酷な死にかただとは思いますが、綺麗な赤毛をなされてたのに、私はまだ小説を拝見してないので,なんとも言い難いのですが,彼は近道をすれば手に入れられたのに→余計な回り道をしたせいで逆に全て手放してしまったんだなと思いました(調香師として香水をブレゼントしたりして,おててつないだら,もうハッピーエンドですよね,たぶん)安直で月並みな感想でスミマセン,     
映画そんな話だったんですね……原作ではほんと匂いが主人公で女が添え物ってかんじでラブロマンスがどうこうってのは全然ありませんでしたが、別解釈の映画もおもしろそうですね。

>レイジっロンをパパに紹介するんだ!!!
「俺の嫁。ちっちゃいだろ」
「手に乗りそうだな。手乗りベイベーだな」
「まてまてまて」

>続きが気になりすぎて、朝晩チェックしまくりです。 でも、ビバリーだけは、場違いなくらいいい子だと何となく思ってしまっていたんですけど・・・すっかりやられてしまいました。 今後が気になりすぎて、眠れなくなってしまいそうです。 頑張ってください。 
信じちゃだめだめ。

最近読んだ本

香水―ある人殺しの物語香水―ある人殺しの物語
(1988/12)
パトリック ジュースキントパトリック・ジュースキント

商品詳細を見る

十八世紀、偉人傑物が大挙し登場するパリの悪臭紛々たる中に生を受けたグルヌイユの匂いに魅せられた数奇な生涯を辿る物語。とにかく匂いの描写が圧巻。人いきれ、腐敗臭、好悪区別せず漂う匂いを千差万別嗅ぎ分け蒐集する特異な鼻を持ったグルヌイユの教養なくとも豊饒な内的世界に魅了される。目に見えない触れないものをここまで細密に鮮烈に描き出す筆力に感動。グルヌイユは殺人にも一切良心の呵責を覚えないどうしようもない悪党なんだけど、グルヌイユを利己的に利用しようとした権威者が一杯食わされ破滅に至る様は痛快な諧謔を醸し、匂いの探究に捧げる狂気じみた情熱はユーモラスな開き直りを帯びて奇妙な明るさがある。
まあグルヌイユに破滅に導かれた人たちの挿話の集積なんですが。
映画化されるそうだけどこれどうやったら映像にできるんだ……。
神曲奏界ポリフォニカ ぱれっと 神曲奏界ポリフォニカ シリーズ短編集 (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ ぱれっと 神曲奏界ポリフォニカ シリーズ短編集 (GA文庫)
(2007/08/09)
浅井 ラボあざの 耕平

商品詳細を見る

メディアミックス展開してるポリフォニカシリーズのアンソロジー。浅井ラボの短編に興味があって買いました。最初浅井ラボ+ポリフォニカって聞いた時は「なんでラボ?され罪の続き書けよ!」と思ったんですが本編読んで納得。飛行機やら単車やら普通にあり、マフィアが跋扈し経済格差もありマスコミも発達し、麻薬・密売・殺人などの犯罪が猖獗を極める将都の描写はエリダナに極めて近く、ラボが惹かれるのも納得。要は神曲=咒式。現実に隣接した異世界ファンタジーです。
で、ラボの殺し屋の話も相変わらず救いがなくて面白かったんですがBBBのあざの耕平が書いてる「ダン・サリエルと白銀の虎」が名作級の面白さ!!
傲岸不遜で唯我独尊、極悪な目つきを伊達眼鏡で隠す天才楽曲士・サリエルが、虎の姿をした上級精霊と(己の名声のため)契約を結ぼうと悪戦苦闘する話なんですが、すっごく面白かったです!!
主人公のサリエルはジローとは対極の不遜なキャラなんですが、音楽に賭ける情熱と美学が素晴らしい。そんなサリエルを一途に慕うも報われず空回る契約精霊のモモも実は努力家な天才少女も、キャラ立ちが半端なく、読み終わったら凄く幸せな気分になれます。
ああもういいなあ。こういう話すごくいいなあ。あったかい。
あざのファンもファンじゃない人も買いです!!ぶっちゃけこの一話のためだけに買っても損じゃないです!!

関連記事 [雑記]
雑記 | コメント(-) | 20020818200703 | 編集
ブログ内検索
     © 2017 ロールシャッハテストB  Designed by 意地天